秋田の郷土料理

山形〜東北めぐり〜

秋田の郷土料理

HOMEグルメ秋田
秋田自慢の食材
 郷土料理

【きりたんぽ鍋】


秋の味覚が詰まった秋田県北部の鍋料理です。


ご飯を炊いて荒くつぶし、秋田杉の串につけて、囲炉裏の炭火で焼いたものが、「たんぽ」で、古くからマタギが

携帯食にしていました。串から抜いたたんぽを切って、鍋に入れ、皮内地鶏、鶏もつ、セリ、ゴボウ、ネギ、

マイタケなどと煮込み、たんぽに旨みがしみこんだら食べごろです。


「たんぽ」は、その形が短穂槍(たんぼやり)の穂先に似ていることから、その名がついたとされています。



【しょっつる鍋】

夏はイワシ、冬はハタハタなど、小魚が大量に獲れた八郎潟。醤油が貴重だった時代、沿岸部では、

各家ごとに、これらの魚を塩漬けにして発酵させ、しょっつる(塩魚汁)を作っていました。


この魚醤を使ってハタハタや鱈、カレイ、小鯛などの白身魚に野菜を入れて仕上げた鍋がしょっつる鍋です。

大きなホタテの貝殻で煮ることから、「しょっつる貝焼き」とも呼ばれます。



【いぶりがっこ】

いぶりがっこは秋田県に伝わる漬けのことで、秋田を代表する漬けものとして、各家庭で作られてきました。


大根を囲炉裏の上につるし、ナラやサクラの焚き火で燻製にしてから、主に米ぬかと塩で漬けこんだものです。

冬の訪れが早い秋田で、大根を早く乾燥させるための工夫と言われており、香ばしい風味が特徴です。


秋田では漬物のことを「がっこ」といいます。それは「がっくら、がっくら」と音を立てて食べるからだとも

いわれています。



【石焼き】

男鹿漁師たちが、暖をとるために味噌汁の中に焼き石を入れたのがはじまりといわれています。


桶にダシを入れ、新鮮な魚介類とネギや焼味噌を加え、真っ赤に焼けた石をほうり込み、

瞬時に煮上げる豪快な料理です。



【ハタハタ寿司】


秋田の県魚ハタハタを使った飯すしです。ハタハタはかつては、波打ち際が埋まるほど採れましたが、

一時は漁獲量が激減し、全面禁漁になったこともありました。近年は水揚げが増えつつあります。


短い接岸時期のため、その保存食としてハタハタ寿司がつくられるようになりました。

短期間で漬け込むための切り寿司、長期で食べる一匹寿司があります。




温泉めぐり グルメ 観光スポット イベント
山形おすすめ
リンク集
宿 芸術
飲食店 特産品
産業 暮らし
スポーツ 観光
東北おすすめ
リンク集
青森
秋田
岩手
宮城
福島
山形 花の写真集
ゆり園
ダリヤ園
花いろいろ

山形のお食事処
村山地区
庄内地区


旅行のおすすめリンク集
生活のおすすめリンク集
お役立ちリンク集
リンクについて
Copyright (C) 山形〜東北めぐり〜 All Rights Reserved 
青森へ 秋田へ 岩手へ 山形へ 宮城へ 福島へ