青森の郷土料理

山形〜東北めぐり〜

青森の郷土料理

HOMEグルメ青森
青森自慢の食材
 郷土料理

【けの汁】

伝統的な青森のお正月料理です。


地域や家庭によって、材料、切り方、味付けなど調理の方法が異なりますが、多くは、大根やゴボウ、ニンジン

などの根菜、そしてワラビやフキ、ぜんまいなどの山菜、豆腐、凍み豆腐などの大豆製品を基本的な材料

として、旨みのつまったコンブだしで煮た伝統料理です。


「け」とは、かゆのことです。



【いちご煮】

県南を代表する郷土料理です。


ウニとアワビを贅沢なうしお汁に仕立てたものが「いちご煮」です。スープに沈むウニの姿が、朝もやに

霞む野イチゴに似ていことから、この名がついたといわれています。


ウニの甘みと、アワビの歯応えが格別です。



【貝焼き味噌】

味噌とホタテの香ばしさがたまらない、青森の代表的な家庭料理です。


ホタテの大きな貝殻を鍋に、ホタテやウニ、野菜をいれて、味噌だれで焼いて、溶き卵で仕上げます。


滋養に富んでいることから、津軽地方では病気の時には必ず食べたと言われています。



【じゃっぱ汁】

タラを丸ごと一匹使った、豪快な漁師料理です。


「じゃっぱ」とは、津軽地方の方言で「捨てるもの」という意味があります。

名前の通りタラのえらや中骨、内臓、頭などの普通は捨てられる部分をふんだんに使い、赤味噌や

酒粕仕立ての大鍋料理は、冷えた体を温めてくれます。



【桜鍋】

古くから馬産地として有名だった十和田市、五戸町を中心とした上北地方の名物料理です。


馬肉を薄く切って,ネギ、ハクサイ、シュンギク、しらたき、豆腐などといっしょに、たれで煮ながら食べる、

馬肉のすき焼きといった料理です。


馬肉はその色合いの美しさから桜肉とも呼ばれ、低脂肪、低カロリー、高たんぱくの食材です。



【縄文のまほろば鍋】

青森県の畜産試験場で開発した地鶏「青森シャモロック」のほかに、きのこや山菜などを加えた鍋で、

しょうゆ味と味噌味があります。



【マタギ飯】

マタギが山の幸を盛り込んだ炊き込みご飯が原形で、キジや熊、鹿などの獣肉に山菜をたっぷり入れて

食したものです。現在も、キジ肉や茸がたっぷり入った滋養ある釜飯です。



【せんべい汁】

県南地方を代表する郷土料理です。昆布等でとっただし汁の中に野菜を入れ醤油などで味を整えた中に

南部せんべいを入れて煮たものです。


せんべいは、汁もの専用に開発されたもので、煮込んでもとけにくく、食べると独特の食感を味わえます。



温泉めぐり グルメ 観光スポット イベント
山形おすすめ
リンク集
宿 芸術
飲食店 特産品
産業 暮らし
スポーツ 観光
東北おすすめ
リンク集
青森
秋田
岩手
宮城
福島
山形 花の写真集
ゆり園
ダリヤ園
花いろいろ

山形のお食事処
村山地区
庄内地区


旅行のおすすめリンク集
生活のおすすめリンク集
お役立ちリンク集
リンクについて
Copyright (C) 山形〜東北めぐり〜 All Rights Reserved 
青森へ 秋田へ 岩手へ 山形へ 宮城へ 福島へ