福島の郷土料理

山形〜東北めぐり〜

福島の郷土料理

HOMEグルメ福島
福島自慢の食材
 郷土料理

【こづゆ】

会津地方で古くからつくられてきた代表的な郷土食の一つで、村祭りや祝い日、冠婚葬祭のときには

必ず作られる料理です。


「こづゆ」は里芋、にんじん、しいたけ、きくらげ、糸こんにゃく、豆麩、干し貝柱などを、貝柱のだしと醤油などで

薄味に仕立てた上品な汁煮です。各家ではそれぞれに伝わる作り方があり、祖母から母へ、母から娘へと

世代を超えて受け継がれ、広く愛されています。



【喜多方ラーメン】

喜多方ラーメンは、全国にその名を知られ、札幌、博多とともに日本三大ラーメンの一角を担っています。


喜多方ラーメンは、基本的には醤油味がベースになっていますが、その店によって色合いや風味は様々で、

塩味、醤油味、その中間の味といったいろいろな味があります。


飯豊山の伏流水を使って打つ太い縮れ麺が特徴です。醤油味のスープの味わい深さは、古くから醤油や

味噌、酒などの醸造業が盛んな喜多方ならではです。平打ちで、太く縮れた多加水麺があっさりとして

いながらもコクのあるスープとよく合います。



【ぼうだら煮】

ぼうだらは鱈の煮干しのことで、これを1〜2日位水に浸し、柔らかくしたものに醤油、砂糖などを加え、

1〜2日気長に煮上げたものを「ぼうだら煮」と呼んでいます。


砂糖や水あめを大量に使うこの料理は、昔は正月やお祭りの御馳走として作られてきました。



【田楽】

古くから醸造業が盛んで、今も味噌蔵や醤油蔵が数多く残る会津若松ならではの郷土料理です。


厚揚げやニシン、里芋、コンニャク、餅などを竹串に刺し、赤味噌に砂糖や薬味を加えた味噌ダレを塗って、

囲炉裏でじっくりあぶった素朴な料理です。


串に刺した豆腐が田楽の装束と似ていることが名前の由来といわれています。



【山人料理】

山人料理は、林業を主産業とした檜枝岐で、山で働く男たちの生活から生まれたとされる名物です。

きのこ、山菜、山椒魚など山河の幸をふんだんに盛り込んだ山人料理は素朴な自然の風情が味わえます。




【山都そば】


会津は古くからそば所として知られ、中でも山都のそばは、そば通をうならせる名物です。

もともとそばの栽培に適している気候に加え「町おこし事業」として、町を上げて力を入れています。


つなぎを全く使わないそば粉100%の純白に近いそばは、のどごしの良さが自慢です。



【にしんの山椒漬け】

周りを山々に囲まれて海産物に触れる機会が少なかった会津では、乾物海産物は重要なタンパク源でした。


にしんの山椒漬けは、身欠きニシンの頭と尻尾を落とし、醤油、みりん、酢をたれとして、さらに山椒の葉を

一緒に漬け込んだものです。山椒のもつ特性から腐敗を防ぎ保存性を高める効用のほか、特有の香気と

酸味が加わり、にしんの魚臭さと渋みがとれ、酒の肴、ご飯のおかずとして好まれています。




温泉めぐり グルメ 観光スポット イベント
山形おすすめ
リンク集
宿 芸術
飲食店 特産品
産業 暮らし
スポーツ 観光
東北おすすめ
リンク集
青森
秋田
岩手
宮城
福島
山形 花の写真集
ゆり園
ダリヤ園
花いろいろ

山形のお食事処
村山地区
庄内地区


旅行のおすすめリンク集
生活のおすすめリンク集
お役立ちリンク集
リンクについて
Copyright (C) 山形〜東北めぐり〜 All Rights Reserved 
青森へ 秋田へ 岩手へ 山形へ 宮城へ 福島へ